【1分で診断できる】更年期障害の症状を簡単にセルフチェックしよう!

 

更年期は女性の誰にでも必ず訪れる、身体と心の転換期。

更年期は閉経をはさんだ前後5年間をさしています。個人差はありますが、日本人の閉経年齢は50歳前後となっているため、だいたい45歳から55歳頃の10年間が更年期の時期にあたります。

「40代になって最近ちょっと体調が変わってきたけど、ひょっとして更年期かな…?」

と思った方、もしかしたら更年期に差し掛かっているかもしれません。

少しでも更年期を穏やかに過ごすためにもまずは、更年期の症状の度合いをチェックしてみましょう。

注意事項:この診断ページは医療診断行為を目的として利用することはできません。あくまで参考程度にしてください。また、万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

 

問1 : 生理の周期が不規則になったり、量が少なくなったりしはじめた
問2 : のぼせ、めまい、肩こりや腰痛、手足の痛みがする
問3 : 暑くないのに突然顔がほてり、汗が出てくることがある
問4 : 手足がひんやりしたり、腰から下が冷えやすくなった
問5 : ここ最近頭が重い感じがしたり、頭痛や耳鳴りがする…
問6 : 理由がないのに、動悸(どうき)がしてドキドキする
問7 : 夜、なかなか眠れなかったり、すぐに目が覚めてしまうことが多いので睡眠不足
問8 : なんでもないことにもイライラしたり、怒りっぽくなったりするようになった
問9 : 気分が沈み、食欲が落ちたり、憂鬱(ゆううつ)で何もする気になれないことが多い
問10 : 家事や仕事をする時に集中できなくなり、いつもより時間がかかっている

The following two tabs change content below.
しもーん
千葉県大網白里市の自律神経専門の整体 仙人堂。真体療術学院 講師を務める下川 孝幸です。小学校6年生からうつ病、不登校、人間不信、対人・視線・女性恐怖症などの心と体の不調に悩まされる。7年間かけてうつ病を克服し、その後、交通事故にあいむち打ちで首が左右15度にしか動かなくなる。よい治療家に巡り合えず、自分で治そうと整体を学び見事復活。なんでも治せる治療家を目指すサーファー整体師。  
ホームページはこちら⇒『仙人堂』

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ABOUTこの記事をかいた人

しもーん

千葉県大網白里市の自律神経専門の整体 仙人堂。真体療術学院 講師を務める下川 孝幸です。小学校6年生からうつ病、不登校、人間不信、対人・視線・女性恐怖症などの心と体の不調に悩まされる。7年間かけてうつ病を克服し、その後、交通事故にあいむち打ちで首が左右15度にしか動かなくなる。よい治療家に巡り合えず、自分で治そうと整体を学び見事復活。なんでも治せる治療家を目指すサーファー整体師。  
ホームページはこちら⇒『仙人堂』