しんどすぎて不安…。更年期障害で死亡するリスクはあるの?

悩む女性

更年期障害ってこんなにも辛いの…?もしかしてこんなにしんどいなら死んでしまうんじゃないかな…。

 

身体のお悩み解決先生リカさん
今回は「更年期障害」と「死」について勉強していきましょう。

 

更年期障害で死に至ってしまう事はあるのか?

ここ最近あなたは体調が突然悪くなり、ほてりや発汗、イライラ等の体調不良を感じたことはありませんか?

そんな時あなたの年齢を思い出してみて下さい。あなたやあなたのお母様のご年齢は、おいくつですか?

もしその年齢が50歳ぐらいであるとしたら、更年期障害やその兆候が現れている可能性は十分にあります。

 

あなたは更年期障害をどのようにお考えですか?

すぐ治るから心配ないだろうとお考えではないですか?

実は、更年期障害を患うと簡単に治る病気ではありません

しかも、更年期障害を患って、最悪の場合に死に至ってしまう場合がある恐ろしい病でもあるのです。更年期障害の症状についてしっかり理解し、母の更年期障害を悪化させないよう、正しいサポートとケアの方法を身に付けていきましょう。

 

更年期障害で死?それはどんなケースか?その原因と理由

それでは、その更年期障害で死に至ってしまうケースとは、どんな場合に起こりうるのでしょうか?又どうして死に至ってしまうのか?その原因について解説していきましょう。

更年期障害というのは、閉経前後である50歳頃の前後5年付近に症状が現れやすい症状です。この時期は、女性ホルモンの急激な減少によって、自律神経のバランスが乱れることによって、様々な症状が発症する病です。

例えば、身体的疾患では

  • 発汗
  • イライラ
  • だるさ
  • 吐き気
  • 便秘
  • 肩こり

等様々な症状が起こります。

そして次に挙げる「精神的な疾患」が特に危険なのです。人の死には、肉体的な疾患による死ともう一つ精神的な疾患による死の2つが存在します。この精神的疾患による患者が年々増加しており、この精神的疾患には、下記のようなものが挙げられます。

<精神的な疾患による死>

  • 統合失調症
  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 摂食障害
  • 心身症
  • パニック障害
  • 睡眠障害

統合失調症や自律神経失調症、うつ病等様々な病気があります。

例えば、統合失調症であれば統合失調症患者の自殺率は10%。なぜこんなにも高いのか理由を調べてみたという記事にも書いた通り、死に至りやすいという現状もあります。

 

更年期障害による症状は、状態が悪化することによってこうした精神的疾患を併発しやすくなってしまうのです。

そのため、こうした中々治らない症状が更に状態を悪化させ、死に至ってしまうケースが増えてきているのです。こうした精神的疾患による患者も年々増加傾向にあります。精神的疾患というのは、いわば心の病です。

聞いただけでは、簡単に治るような病気に感じるかもわかりませんが、実は、こうした精神的疾患による障害自体、改善方法が未だ確立されていない現状にあります。現在では、明確な治療法が存在しなく、

  • 薬理療法
  • 非薬理療法
  • リハビリ療法

等によるビタミン剤の投与やその人に精神的な疾患の原因に応じて、その対処法を調節しながら、対処法を探っていく方法によって改善を促していきます。

このように、精神的な疾患を患うと、人によってその原因が異なるため、薬理療法だけでは治せない現状があるのです。様々なリハビリ療法や薬やビタミン剤を試しながら、原因を特定して改善を少しずつ促していくのです。

このように、更年期障害自体が死に関わるものではありませんが、更年期障害の症状は人によって様々なのです。

 

その症状が悪化することもあれば、そうでない場合もあるため、もし悪化した場合には、上記のような精神的な疾患を患う可能性があります。

こうしたことがその他の病気に発展した場合に、死に至るケースが起こってしまうのです。

 

出来る対策は??

それでは、更年期障害から死をま逃れることはできるのでしょうか?又そうした更年期障害から死に至らないようにするための対策には、どんな方法があるのでしょうか?

その対策方法をご紹介していきましょう。

<更年期障害を悪化させない対策法とは>

まずは更年期障害を悪化させないことが一番の対策です。そのために3つの対策をお伝えします。

  1. 有酸素運動
  2. 食生活の改善
  3. ストレスをためない

1.有酸素運動について

まず一つ目に大切なことは、運動です。そもそも更年期障害は、身体の機能の低下によって引き起こります。

特に加齢に伴って運動機能が著しく低下していきます。運動機能の低下は、臓器等を支える筋力等も低下するため、なるべく運動機能を落とさないことが老化を防ぐ予防に繋がります。

身体の機能を維持するためには有酸素運動が効果的です。身体に無理な負担をかけない有酸素運動を定期的にとりいれていきましょう。

 

2.食生活の改善

続いて、食生活の改善です。加齢に伴い食べる量も激減していきます。食生活の乱れが、ホルモンバランスを崩し、体調を悪化させてしまう原因にもなりますので、しっかりとしたバランスの良い食事を心がけることが大切です。そんな中で更年期障害をサポートする食生活をご紹介していきましょう。

<更年期障害の時におすすめの食事とは?>

・ローヤルゼリーのデセン酸の摂取
・腸内環境の改善

1).ローヤルゼリーのデセン酸の摂取

更年期障害が発症すると、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、様々な身体の症状が現れます。

このエストロゲンの機能を補ってくれるのが、ローヤルゼリーなのです。ローヤルゼリーには、デセン酸と呼ばれるエストロゲンの機能に近い成分が含有されているため、自律神経やホルモンバランスを整えくれる働きがあります。

又その他の効果としても、

  • エストロゲンの機能を補う
  • 血糖値の低下
  • 血中コレステロールの低減
  • 自律神経を整える
  • 免疫力向上
  • 生活習慣病の予防

等これらの効果にも期待されています。

又その他にもローヤルゼリーには下記のような成分が含有されています。

<ローヤルゼリーの重要成分とは>

  • デセン酸
  • 類パロチン
  • アセチルコリン

このように、デセン酸以外にも、類パロチンという成分は、別名「成長ホルモン」や「若返りホルモン」とも言われ、皮膚や筋肉、血液や骨等を生成する細胞活性作用があり、肉体的な老化を食い止めることができる成分の一つでもあります。

又アセチルコリンは、ローヤルゼリーの含有される最も含有量の多い主成分で、これは神経伝達物質の一つと利用されているため、自律神経の乱れを改善したり、うつ病等の精神的疾患を軽減する効果が期待されています。

2).腸内環境の改善

そしてもう一つ重要なことが腸内環境の改善です。腸はは第二の脳と言われる程、非常に神経が多く通った臓器でもあります。

この腸内環境が悪化すると、便秘や下痢を引き起こします。それだけでよければ、良いのですが、これが慢性化し、腸内で発生する有毒ガスが血中に入り込むことによって身体に様々な支障をきたすようになります。

肩こりや吐き気、手足のしびれのみならず、自律神経失調症やうつ病等の精神的疾患にまで影響をおよぼっす可能性があるため、早めの対処が必要不可欠になります。

こうした腸内環境をサポートする成分が下記になります。

<腸内環境の改善サポート成分>

  • 乳酸菌
  • オリゴ糖
  • 食物繊維

一度悪化した腸内環境を改善するには、今までよりも多くの乳酸菌やオリゴ糖を摂取する必要性があります。定期的なケアがとても大切になってくるのです。

3.ストレスをためない

そして、こうした更年期障害は、精神的疾患の影響を受けやすいため、外的要因からのストレス等の影響も非常に受けやすくなります。

ストレスを溜めない対策をすることがとても大切になります。

 

◆まとめ

このように、更年期障害における死亡のリスクは、更年期障害から併発する病気によって高まっていくという事です。

そうしたことを回避するためにも、更年期障害をサポートする様々な栄養成分を摂取や運動を心がけ、更年期障害を軽減できる前持った身体作りを行うことがとても重要になるのです。

 

The following two tabs change content below.
tamiyan

tamiyan

ターミヤンと申します。2歳の子をもつ会社員です。パソコンいじりと、ライティングすることがすごく好きで、日々様々なジャンルにトライしながら、記事作成を行っております。皆様のお力添えができるよう、誠心誠意もって取り組んでおりますので、ぜひ拝見頂ければうれしく思います。

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください









ABOUTこの記事をかいた人

tamiyan

ターミヤンと申します。2歳の子をもつ会社員です。パソコンいじりと、ライティングすることがすごく好きで、日々様々なジャンルにトライしながら、記事作成を行っております。皆様のお力添えができるよう、誠心誠意もって取り組んでおりますので、ぜひ拝見頂ければうれしく思います。