ネイルをすることで巻き爪矯正できるの?その方法とは?

ネイルチップ

お洒落のためのネイル、ストレス解消としてのネイル、自己満足のネイル・・・などなど、女性はネイルとの関係が深いですが、実は、巻き爪もネイルと深い関係があるのです。

「巻き爪を矯正するのにネイルをする?」

でも

「巻き爪になった原因がネイルだった?」

どういうことなのか、見てみましょう。

 

手の爪がネイルが原因で巻き爪になることってあるの?

女性のきれいな手指

手の爪が巻き爪になるの?と思った人も多いと思います。実は、手の爪も巻き爪になるのです

手の爪が巻き爪になると、足の巻き爪と同じく爪がどんどん食い込んでいき爪の幅が細くなります。

しかし、手の巻き爪は、足の巻き爪の様な痛みを感じることはほとんどないので、巻き爪になっていることに気づかない場合も多いのです。更に、巻き爪になったことで爪の形が細長くなり、見た目が良くなったと思う人も多いのです。

ジェルネイルが手の爪の巻き爪の原因!?

手の爪が巻き爪になる原因と言われているのが、『ジェルネイル』です。

ジェルネイルは、ゲル状の樹脂をUVライトまたはLEDライトに当てて固める(硬化させる)ネイルのことです。マニキュアに比べ発色が良く・剝がれにくく長持ちで・乾かす時間の必要もなく、簡単に自分で施術するためのセルフキッドなども売られているので、ネイルサロンになかなか行けない主婦など、多くの女性に人気です。

しかし、以下の事で巻き爪になってしまう可能性があります。

  1. 硬化する際、ジェルが収縮します。この収縮によって(これが爪への定着になるわけですが)巻き爪になると言われています。
  2. ジェルネイルを除去するときに使用する「アセトン」も巻き爪の原因だと言われています。

アセトンは、揮発性の高い液体です。このアセトンを使用することにより爪の中の水分が一緒に蒸発してしまうのです。そのため、ジェルネイルを繰り返ししていると、爪が乾燥し、爪を形成している「ケラチン」という成分も収縮してしまい巻き爪になっていくのです。

特に、手の巻き爪になりやすい人は、爪が薄くて弱い人です。 爪が厚くて強い人は、硬化時の収縮やアセトンの乾燥などにも耐えられるのですが、爪が薄くて弱い人は、その影響を受けやすいのです。

ジェルネイルで手の巻き爪になっている人を見極めるには?

爪の先端からジェルネイルがリフトしてくる(浮いてくる)人です。巻き爪になると、爪先の角からジェルが剥がれてきます。

そのような兆候がある人は、巻き爪の可能性があります。よく爪をみてみましょう。

反対にネイルをすることで巻き爪予防になるって本当?

ジェルネイル

これは、先ほどの話を否定するようなことになってしまいますが、例えば、手の爪が深爪の人(ピンクの部分が短く、指の先の肉が見えている状態)はいませんか?

ついつい爪を噛んでしまう、爪が弱くてすぐに欠けてしまう、爪の白い部分が気になって爪切りでギリギリまで切ってしまう、など・・・。

深爪は、巻き爪になる大きな原因の一つですので、それをジェルネイルによって長さを出し、厚みを出し、噛んでしまったり、切ってしまうこと、爪の弱さ・薄さを予防してくれるのです。

それが巻き爪の予防につながるというわけです。

 

ジェルネイルを使う時の注意点

ただし、ジェルが浮いてきたところから水分や雑菌が入り込み、カビ(爪水虫)が生えたりすることもあります。ジェルネイルの付け替えばかり行うと、その都度「アセトン」を使うことになります。

これでは、爪に良いことはありませんので、指、爪への保湿ケア、ジェルが浮いてきたところのリペア(補修)、3~4週間程度で付け替えや爪を休ませる、など爪の状態を確認しながらネイルケアを行いましょう。

私は・・・

私は手の爪は、巻き爪になったことはありません。

ネイルサロンに勤務していたこともあるのですが、手の爪は少し巻いているくらいの方が、幅が狭く爪が綺麗に見えるなどと言われていたほどです。(先程も書きましたが)

その頃はまだジェルネイルではなくスカルプチャーが主流でしたので、固まる前に爪の先端部分を両端から押して、わざとCカーブをつけて綺麗に見せたものです。そしてジェルネイルに移行してからも巻き爪にはなっていないです。

足の指の巻き爪を病院ではなくネイルサロンで対策できるって本当?

そうなのです。実は、病院だけではなくネイルサロンでも巻き爪のケアをしているところは結構あります。もちろん、医療行為はできませんので、手術などはできません。

ネイルサロンで行われている巻き爪のケアというのは、爪の弯曲を「矯正」する治療です。

どのような方法かというと、『B/Sブレイス』というドイツの巻き爪矯正技術を使ったケアを行っているところがほとんどの様です。

巻き爪矯正

 

 

『B/Sブレイス』とは、グラスファイバー製の板上のスプリングを爪につけ、スプリングの力を利用して巻いている爪を持ち上げて平らにさせるというものです。巻き爪による痛みも装着後すぐに軽減されることが多く、来店時は歩くときに痛みを感じていても、帰る時には痛みが無く帰られるほどです。

また、施術中も痛みはなく30分程度で装着可能で、半透明なスプリングのためマニキュアを塗ることも出来、巻き爪矯正をしているのも分からなくなり、女性には大変人気の巻き爪対策です。

しかし、どんな巻き爪でも矯正可能というわけではなく、爪の周囲が炎症していたり、化膿・出血している場合は、その治療は医療行為のためネイルサロンでは対応できず、まず病院で治療をすることになります。

 

巻き爪の矯正がネイルサロンで出来ると知ったのはサロン勤務をしてからです

ネイルサロンで巻き爪の矯正が出来ることを知ったのは、ネイルサロンに勤務してからでした。そのため、既に巻き爪は形成外科で手術をした後でした。「ネイルサロンで矯正すれば、爪の幅が狭くなることなかったのに~」と言われましたが、時すでに遅しでした。

ですが、私の巻き爪は、「炎症・化膿・出血」の3拍子揃ったなかなかの重症巻き爪でしたので、どちらにしてもネイルサロンで矯正する前に病院へ行かなければならなかったと思います。

⇒参考:巻き爪の手術って痛いの?手術の痛みや費用が心配なあなたに私の体験をご紹介します。

実際、巻き爪にネイルはやってもいいの?やらないほうがいいの?

巻き爪治療足

既に巻き爪になっている場合、ジェルネイルは避けた方が良いですね。使用しているゲル状のUV樹脂を硬化した時やアセトンを使用すると巻き爪になりやすい可能性があるためです。巻き爪を更に悪化させる可能性があります。

しかし、ネイルサロンで行っている巻き爪矯正は、巻き爪の人でも行えるネイルケアですので、病院に行くのは怖いけど、ネイルサロンだったらという人は一度ネイルサロンに相談するのも良いと思います。

ただし、巻き爪によって炎症・化膿・出血を起こしている場合や、爪白癬(爪水虫)の疑いがある場合は、ネイル全般(マニキュアなど)を止めて、病院を受診しましょう。

 

まとめ

ネイルサロン道具

いかがでしたでしょうか?巻き爪になる原因がジェルネイルだったとは・・・。そして、巻き爪矯正はネイルサロンでできることが分かりましたね。

ジェルネイルは、魅力的なネイルケアではありますが、使い方によっては巻き爪の原因になる場合もありますので、信頼のおけるネイルサロンを探したり、セルフネイルをする場合は爪の知識を熟知してから始めましょう。

そして、巻き爪は病院に行かなくてもネイルサロンで矯正ができるものが多いです(化膿・出血してないことが大前提)。ネイルサロンなら行きやすいなと感じられる人は、是非一度ネイルサロンへ相談してみましょう。

The following two tabs change content below.
ayaari

ayaari

1歳の娘を育児中の40歳になるママです。 妊活期間、延べ3年。タイミング→人工授精→体外受精(顕微授精)までフルコース体験しました。 その体験を、妊活中の方やこれから妊活する方の役に立てばと思っています。 子供は可愛い!是非、妊活している皆さんにコウノトリが赤ちゃんを運んできてくれますように~。

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください









ABOUTこの記事をかいた人

ayaari

1歳の娘を育児中の40歳になるママです。 妊活期間、延べ3年。タイミング→人工授精→体外受精(顕微授精)までフルコース体験しました。 その体験を、妊活中の方やこれから妊活する方の役に立てばと思っています。 子供は可愛い!是非、妊活している皆さんにコウノトリが赤ちゃんを運んできてくれますように~。