【解説】何故、膝に水がたまるのか?原因と症状、対策を徹底調査

膝に水が・・・
なんか身体がダルい佐伯さん
あの~~、わたくし、膝に水がたまりました
身体のお悩み解決先生リカさん
なに?膝がお湯に浸かってない?
膝に水が・・・

 

なんか身体がダルい佐伯さん
いや、膝に水がたまりました
身体のお悩み解決先生リカさん
なに?膝がみずみずしくてピカピカ?
hiza_mizu_02

 

なんか身体がダルい佐伯さん
もう良いです・・・
身体のお悩み解決先生リカさん
なによ~~。冗談の分からない人ね~~。

どうしたの、膝に水がたまったって

なんか身体がダルい佐伯さん
実は、膝に水がたまってパンパンに腫れて、痛くて曲げにくいんです。
身体のお悩み解決先生リカさん
そうなの。それはちょっと不安よね
なんか身体がダルい佐伯さん
そうなんです。どうしたら良いか教えて頂けないでしょうか?

 

身体のお悩み解決先生リカさん
分かったわ。何故、膝に水がたまるのか?そして、どうしたら良いのかを、これから説明するからよく聞いておきなさい!

と言うことで、今日は膝に水がたまる原因と症状、対策を解説していきます。

1.膝に水がたまる?本当に水がたまってるの?

よく、膝に水がたまると言いますが、本当に水がたまっているわけではありません。じゃぁ~、何がたまっているかと言うことですが、膝にたまっているのは「関節液」です。

健康な膝は、関節液で満たされています。下の図の水色の部分です。関節液は、軟骨に栄養を与えたり、関節が動くときの滑りをよくしたりしています。また、関節にかかる圧力を分散させる働きがあります。

ひざの関節のイラスト

関節液は、大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)の間や周辺にたまっていて、潤滑油のような働きをしています。

もし、この潤滑油である関節液がなかったら、骨がゴリゴリとあたって、相当痛い事になります(想像しただけで、背筋がぞっとします)。

さて、膝に水がたまるというのは、この関節液が何らかの原因により、増えすぎた状態を言います。

そして、膝に水がたまった状態を「関節水腫(かんせつすいしゅ)」と言います。

なんか身体がダルい佐伯さん
わたくし、本当に水がたまっているかと思っていました。違ったんですね・・・

 

2.膝に水がたまるとどうなるの?

膝に水がたまると、関節内部の圧力が高まり、関節が不安定になります。また、関節液に圧迫されて血流が悪くなり、膝の曲げ伸ばしをすると痛みを感じるようになります。

膝に水がたまった場合、代表的な症状として次の4つが挙げられます。

  1. 痛み
    →慢性的な痛みから突発的な痛みまで
  2. 腫れ・プヨプヨ
    →水のたまり具合により変わります
  3. 違和感・異物感・倦怠感
    →膝が思い、だるい
  4. 熱っぽい
    →炎症を起こしている
なんか身体がダルい佐伯さん
わたくしは、膝に水がたまってパンパンに腫れて、痛くて曲げにくいんです。

 

3.膝に水がたまる原因とは?

膝に水がたまる基本的な原因は、滑膜組織が何らかしらの原因により炎症を起こし、滑膜(かつまく)から過剰に分泌される関節液が、膝の上部にたまる為です。

ひざの関節

そして、滑膜組織が炎症をおこす原因は、関節内の軟骨や骨がすり減ったカスや、骨の表面からはがれ落ちたかけらが関節包(かんせつほう)を刺激する事が主な原因です。

炎症が起きると関節包から「サイトカイン」という炎症を強める化学物質が放出されるため、炎症が更に悪化して痛みが増していきます。

3-1.加齢による関節の炎症

長年、膝を使い続けた結果、タイヤのゴムがすり減るように膝関節の軟骨もすり減っていきます。軟骨自体も柔軟性を失い、固くなっていきます。その為、衝撃によって摩耗しやすくなります。

そうなると、骨と骨同士がぶつかりやすくなり、炎症を起こしやすくなります

また、軟骨が破壊されるときに、破片が膝の関節の中に飛び散り異物と判断され、炎症が酷くなる傾向があります。

3-2.関節の病気

膝に水がたまる原因の大半は、中高年の女性に多く見られる変形性膝関節症と言われています。他にも、離脱性骨軟骨炎(りだつせいこつなんこつえん)、神経病性関節症(シャルコー関節)、結核性関節炎、滑膜骨軟骨腫症(かつまくこつなんこつしゅしょう)、関節リュウマチ、風痛などがあります。

いずれも、炎症をおこし膝に水がたまるケースがあります。

 

3-3.ケガや事故

スポーツにつきものなのがケガ、そして日常生活と切っても切り離せない事故も膝に水がたまる原因となります。

膝に大きな衝撃が加わることで軟骨や骨がかけたり、はがれたりする事もあります(剥離骨折)。

特にスポーツ中のケガでは、半月板損傷靱帯損傷などにより炎症が酷くなり、膝に水がたまることがあります。また、水の代わりに内出血した血が関節内にたまることもあります。

【保存版】半月板損傷とは何か?原因と症状を徹底解説!!

2016.08.18

【必読】はじめて膝の靱帯損傷って診断された人が症状や原因を知りたいときに読む記事

2016.07.30

 

3-4.オーバーユース(使い過ぎ)

長時間の立ち仕事や歩き仕事でも、膝に水がたまる事があります。年齢も関係ありません。

若いからといって無理をしていると、関節が弱くなり歩けなくなる事もあります。油断大敵です。

 

4.膝に水がたまった場合どうすればいいの?

なんか身体がダルい佐伯さん
あの~~、そろそろ、膝に水がたまったらどうしたらいいか、教えてください

 

身体のお悩み解決先生リカさん
待たせたわね。これから説明するわよ!

前述したように、膝に水がたまるのは「炎症」が原因です。つまり、炎症を抑える事が出来れば、膝の水もなくなるというわけです。

 

4-1.安静にする

膝にたまった水を抜くにしても、抜かないにしても炎症がなくならなければ、痛みは続きます。根本的な原因である炎症がなくなっていないですからね。

炎症をなくす為には、まずは安静にする事です。

もし、安静にする事ができないという人には、膝にサポーターをつけて、負担がかからないようにして下さい。

4-2.冷やす(アイシング)

さて、くどいようですが、膝に水がたまるのは膝に炎症が起こっているからです。炎症がなくなれば、水もなくなっていきます。

安静にして炎症が治まらない場合、氷などを使って外から冷やして炎症を抑えます

プロ野球のピッチャーが投げ終わったら、肩を冷やしているのを見たことがあると思いますが、あれと同じ事です。

4-3.水を抜く

いよいよ痛みが酷い場合、膝から水を抜くことになります。膝から水を抜くには、注射針を膝に刺して抜くのですが、相当の痛みを伴います。

その甲斐もあって、膝から水を抜くと圧迫されていた血流が元に戻り、関節も動かしやすくなり、痛みもなくなっていきます。中には、痛みが嘘のように消える人もいます。

しかし、水がたまる原因である炎症がなくなっていなければ、再び水がたまることになります。

「水を抜くとクセになる」という人もいるようですが、実際には炎症が治まらないために繰り返し水を抜いていると言うことです。クセになると言うわけではありません。

大切な事は、再び膝に水がたまらないように根本的な治療をする事です。

4-4.投薬

膝の痛みを緩和する為に、関節を再生する薬を服薬したり塗ったりする事で、膝に水がたまりにくくする事もできます。本当にくどいようですが、水がたまるのは炎症が原因です。

他にも、コラーゲンやヒアルロン酸を膝に注射する方法もあります。

どのような薬を使えば良いか等は、専門医に相談をして決める事になります。

4-5.手術

リウマチなどで膝関節が曲がってしまったり、変形性膝関節症が悪化した場合は人工関節を入れる事も考慮しなければなりません。

この段階まで来ていると、投薬を続けるか、手術にするかを選択するケースも出てきます。どちらを選択しても命に別状はありませんが、生活面で色々な影響が出てくることになります。

どのような選択をするかは、専門医に相談して決めてください。

 

5.まとめ

身体のお悩み解決先生リカさん
最後にもう一度まとめておくわね

5-1.膝に水がたまるって言うのは・・・

実際には水がたまるのではなく、関節液がたまることです。

これを関節水腫って言うんでしたね。

5-2.膝に水がたまると・・・

ザックリ言うと、パンパンに腫れて、痛くて曲げにくいんです。

5-3.膝に水がたまる原因は・・・

炎症です

5-4.膝に水がたまったらど~~しよう

安静にして、冷やして、水抜いて・・・。炎症を抑える事が一番大切です。

 

なんか身体がダルい佐伯さん
なるほど~~。炎症を抑えたらいいんですね・・・

取りあえず、冬にオホーツク海で寒中水泳してきます!!

 

The following two tabs change content below.
阿部 英雄
鍼灸マッサージ師の国家資格とスポーツトレーナー資格を有する私が、医学博士・薬学博士にも支持されるスポーツ整体の治療院を行なっております。体の悩み解決やセルフケアなど役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。  
ホームページはこちら⇒『英気整体院』

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください









ABOUTこの記事をかいた人

阿部 英雄

鍼灸マッサージ師の国家資格とスポーツトレーナー資格を有する私が、医学博士・薬学博士にも支持されるスポーツ整体の治療院を行なっております。体の悩み解決やセルフケアなど役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。  
ホームページはこちら⇒『英気整体院』