突然あなたを襲うぎっくり腰。

前回の記事「【悲報】もう動けない…。ぎっくり腰とは何なのか原因や症状を詳しく解説」では、その症状と発生の原因をご説目させて頂きました。

 

この記事では、ご家庭ですぐできるぎっくり腰の対処法をご紹介します。

 

ポイントは、「無理をしない」「あたためない」「腰部の固定」の3点です。

 

そもそもぎっくり腰って何?

ぎっくり腰…あまりに聞きなれた言葉ですね。

実はぎっくり腰という病名はないのです。突然腰に痛みが走る疾患で、間接捻挫、・筋肉の損傷・筋膜性炎症動などの状態であり、急性腰痛症と呼ばれています。

地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。

『ぎっくり腰=急性腰痛症』

ということになり、つまりは急に腰が痛くなって動けなくなってしまうことにあたるのですね。

 

 

ぎっくり腰の応急処置①:まずは腰に負担のかからない体制をとる

ぐきっとやってしまた。

何かを持ち上げようとした拍子にぎっくり腰になってしまった。

 

そんな時は、できるだけ腰の負担のかからないポーズをとってください。

 

 

絶対に無理をしないでください。

*絶対にストレッチはしないでください。

 

 

自分ができるだけ痛みを感じないポーズで収まるのが一番かと思います。

 

つまり、「安静」にしてください。

腰痛 足のしびれ 原因 ポーズ 1

じゃあ、ずっと横になっていたほうがいいのか?

そういうわけでもありません。

体に負担のない程度の動きであれば、筋肉のコリがほぐれ、ぎっくり腰の改善にプラスに働くこともあります。

できるだけ腰部に負担のかからない範囲で動いていただければと思います。

 

繰り返しますが、

無理はしないでください。

 

地味ですが、「安静」にする。

これがぎっくり腰の鉄則です。

 

ぎっくり腰の応急処置②:すぐやってほしい手当ては腰をとにかく冷やすこと

ぎっくり腰になったときに「安静」にするのが鉄則だとお話しました。

もう1つやってほしいことが、「腰部を冷やす」ということです。

まちがってもあたためないでください。

もう一度言います。

 

「腰部を冷やす」のがぎっくり腰の有効的な応急処置です。

 

ぎっくり腰というのは、腰部の炎症です。炎症なので、つまり「熱」を持っています。

「腰部」に「熱」をもっている状態。

 

これがぎっくり腰なのです。

 

なので、とりあえずその「熱」を取り除くために腰部を「冷やす」ということをしてください。

 

方法はなんでもよいです。

氷袋のようなものを作って、腰部にあてて、できるだけ炎症をおさえるようにしてください。

氷

 

冷やすことで得られる2つの効果

冷やすということによって、得られる効果は大きく分けて2つあります。

 

効果1)ぎっくり腰の炎症が広がることをおさえられる

まず、冷やすことで、細胞の生態反応を鈍化することができます。

なので、ぎっくり腰が「広がる」をおさえることができます。

症状の悪化を防ぐってことですね。

 

効果2)痛みを和らげる

そして、もう一つが痛みを和らげる。ということです。

腰部を冷やすことによって、患部の血管が一時的に収縮されます。

血管が収縮されたことによって、感覚が一時的にマヒします。

マヒするので、痛みを感じにくくなるということです。

 

気を付けてほしいのは、一時的に痛みが和らいでも、それは「症状が改善していることではない。」です。

一時的に炎症を抑えて、痛みを感じる感覚がマヒしているだけです。

なので、痛くなくなっても決して無理しないでください。

早期に専門家にみせるのも一つの手だと思います。

 

「冷やす」ということが、とても有効なぎっくり腰の「応急処置」だと覚えてください。

 

ぎっくり腰の応急処置③:コルセットなどの器具を利用して腰部の負担を軽くする

「安静」と「冷やす」がぎっくり腰の有効な応急処置として紹介してきました。

そして、3つめにご紹介したいのが、コルセットなどの器具を使用して、腰部の負担を軽くするということです。

 

安静にするということにつながってくるのですが、できるだけ腰部に負担をかけないのが、ぎっくり腰の応急処置の鉄則です。

 

ただ、人間の体の中心部である腰部に負担をかけないで生活するというのもなかなか難しいことです。

なので、結果的に2-3日ねたきりになったりしてしまう人もいます。

 

お仕事をしていると2-3日も働かないっていうのも厳しい話かと思います。

なので、コルセットなどの器具を使用して腰部を「固定」する方法をお勧めします。

 

「腰部を固定する」ことによって腰部にかかる負担を大幅に軽減できます。

 

決して、無理して動かしたり、ストレッチしたりするのは避けてください。

 

【番外編】ぎっくり腰の応急処置 NG集 やってはいけない対応方法

 

「安静」「冷やす」「腰部の固定」という3つの応急処置をご紹介しました。

では、逆にどのような対応方法はおススメできないのでしょうか?

救急車

 

無理な運動はダメ絶対。

まず、なんども言いましたが、患部を無理して動かすようなことはしないでください。

ぎっくり腰になった方の中には運動不足が原因でぎっくり腰になったと考える方も多いです。

確かに、運動不足でぎっくり腰になります。

しかし、ぎっくり腰になってから、すぐにストレッチなどの運動をして逆効果です。

絶対に腰のストレッチなどはしないでください。

前屈や後屈をして腰をのばしたりしないでください。

安静にすることが鉄則です。

 

あたためるのは3-4日後から

ぎっくり腰は腰の炎症だとお話しました。

なので、応急処置としては、患部を冷やしてください。

ぎっくり腰になってすぐに腰をあたためると炎症が悪化してしまう可能性が高いです。

炎症が悪化して、結果的に痛みもましてくるかもしれません。

お風呂も2-3日はさけたほうがいいと思います。

ぎっくり腰になってすぐはシャワーなどで我慢してください。

 

温めるのは『慢性期』に!

ぎっくり腰が発生してから1週間以上経過してもまだ痛みが引いていない場合。この時期になるとだいぶ炎症と熱が引いてきます。炎症が引き、熱が引いている場合は温めると血行が促進し体の回復力も上がります。ゆっくり半身浴をしたりしてしっかりと体を温めてみてください。

 

救急車はよんでいいの?

結論から言うと、ぎっくり腰になったときに救急車は呼ばないほうがいいと思います。

理由は色々とありますが、ぎっくり腰が命にかかわる緊急な病態に絡んでいるいうのは非常にまれなケースだからです。激しい痛みがあなたを襲うかもしれません。ただ、気持ちを落ち着かせることによって、しばらくするとその痛みは治まってくるかと思います。

救急車の利用は、人命にかかわる場合に使用するほうがよいので、もし救急車で病院に運ばれても、人命にかかわらないという理由で処置の優先度が低くなってしまうと思います。

まずは、ご自宅で安静にして症状の経過をうかがってみてください。

 

まとめ

ぎっくり腰になってしまったあなた!

もしくは、ぎっくり腰に家族やお友達がなってしまったあなた。

 

「落ち着いてください」

 

まずはリラックスることがとても大事です。

そういっても痛みは激しいし落ち着けない。

 

お気持ちはわかります。

でも、ぎっくり腰の完治にはおおよそ14日くらいかかると言われています。

 

14日って長いですか?

でも、たった2週間です。

 

まずは、「安静」にして患部を「冷やす」ことで痛みは和らいできます。

少しずつ痛みが和らいでくると気持ちも楽になってくると思います。

 

そして、ちょっと症状が改善したからといって無理をしないでください。

それが早期完治への近道です。

 

ぎっくり腰の症状がなかなか改善されない場合は、早めに専門家へのご相談をお勧めします。

 

The following two tabs change content below.
大柿悟
大柿 悟(おおがき さとる)1983年5月9日生まれ。埼玉県出身埼玉県入間市にある「カイロプラクティック・ゆめてん」の院長。会社員として9年間会社勤め、退職。カイロの専門学校に通い、開業。大学で社交ダンスをはじめ、ダンスの関係で整体と出会う。開業後4か月でリピート91%の人気治療院を作り上げる

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ABOUTこの記事をかいた人

大柿悟

大柿 悟(おおがき さとる)1983年5月9日生まれ。埼玉県出身埼玉県入間市にある「カイロプラクティック・ゆめてん」の院長。会社員として9年間会社勤め、退職。カイロの専門学校に通い、開業。大学で社交ダンスをはじめ、ダンスの関係で整体と出会う。開業後4か月でリピート91%の人気治療院を作り上げる