【痛たっ】あなた膝が痛いのは太ったことが原因か?膝と肥満の関係性を調べてみた

秋は食べ物がおいしい季節ですね。食欲の秋!!

秋と言えば、秋刀魚(さんま)、松茸、栗、さつまいも、南瓜(かぼちゃ)、銀杏、柿、葡萄(ぶどう)、秋茄子、リンゴ。

おいしいモノが次から次へたくさんありすぎです。

なんか身体がダルい佐伯さん
本当に涎(よだれ)が止まりません。
美人OLの長野さん
本当ね~~。私は松茸が大好きなのよ
身体のお悩み解決先生リカさん
佐伯!ごちそうさま!
なんか身体がダルい佐伯さん
え、え、え、えぇ~~。私の安月給でマツタケをご馳走だなんて…。

松茸

 

身体のお悩み解決先生リカさん
いやぁ~、おいしかったわ。さすが国産の松茸ね
なんか身体がダルい佐伯さん
あ~~、妻に内緒で貯めていたへそくりがぁ・・・・
美人OLの長野さん
佐伯さん、有り難うございました
なんか身体がダルい佐伯さん
いやぁ~、喜んで貰えて光栄です

1週間後・・・

美人OLの長野さん
あの~、最近ちょっと体重が増えてきたせいか、膝が痛いんですけど・・・
身体のお悩み解決先生リカさん
あら、そうなの。じゃぁ~、今日は肥満と膝の痛みについてちょっとお話をしようかしら

1.太りすぎは膝の痛みの原因になるのか

膝には体重の3倍(平地の歩行時)~10倍以上(ランニング時)の負荷がかかります。つまり、体重が増えれば増えただけ、膝に対する負荷は大きくなります。

つまり、

身体のお悩み解決先生リカさん
太ったら、膝の痛みの原因が増えるのよ

と言うことです。

では、何故痛みの原因が増えるのか見ていきます。

1-1.体重増加による膝への負荷増

前述したように、体重が増えると膝への負荷が増えていきます。つまり、体重が増えれば膝を痛めるリスクが高くなります。

そんな状態が長期間にわたって続いて、膝の組織を損傷させてしまいます。

その結果、変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)になる可能性があります。

 

1-2.体重増加によるバランス能力の低下

膝の痛みは、膝にとって負担となるような動きをした場合に発生します。

例えば、歩行。

歩行するとき、通常は股関節、膝関節、足首が綺麗に連動して動きます。つまり、膝が軽く前上方に上がって動きます。

しかし、太った人の歩き方は少し違います。

お腹が出ている事が多い為、重心が前下方へ集中します。その為、前につんのめる様な歩き方をしてしまいます。そうなると、膝が上がりにくい不自然な歩き方になります。

また、重心が前下方へ集中する為、身体を後ろに反らすような体勢をとって歩く人も多くいます。失礼ながら、妊婦さんは赤ちゃんのいるお腹の為、重心が大きく前に移動しています。その為、バランスをとるために身体を後ろに反らしての歩行を余儀なくされます。

結果、膝に負担のかかる歩き方になってしまいます。

 

2.太った事が原因の膝の症状は何か

前述したように、体重の増加は膝の痛みの原因になります。

更に、加齢・生活習慣や既存の膝の痛みと合わさって、色々な症状が出てきます。その中でも多い症状を2つ紹介します。

美人OLの長野さん
太ると膝への負担が増えるから、色々な症状が出てくるんですね・・・

 

2-1.太っているとなりやすい変形性膝関節症

変形性膝関節症は加齢や生活習慣が原因とされています。また、男女比は1:4で女性の方によく見られます。主な症状は、膝の痛みと水が溜まること(水腫:すいしゅ)です。肥満の人は変形性膝関節症になる確率が男性で3.9倍、女性で4.2倍、高まるとされています。

膝関節の表面は軟骨で覆われています。軟骨は衝撃を和らげたり、関節の動きを滑らかにします。また、骨膜から分泌される関節液は軟骨の成分の一つであるヒアルロン酸を含んだ粘りのある体液で、膝関節がスムーズに動く潤滑油と軟骨の栄養の役割を果たしています。

膝の関節

 

変形膝関節症の初期は、軽度の関節軟骨の摩耗が生じますが自覚症状はほとんどありません。その後、症状がすすむと、立ち上がり、歩き始めなど動作の開始時のみに痛みを感じるようになります。休めば痛みが取れます。

更に症状がすすむと正座や階段の昇降が困難となり、末期になると安静にしていても痛みが取れません。変形が目立ち、膝を伸ばして歩行することもままならなくなります。

 

2-2.太るとO脚が酷くなるって本当なのか

膝にかかる負担は、平常歩行時で3倍、階段の下りで7倍、ランニング時で10倍です。体重が60Kgの人の場合は、平常歩行時で180Kg、階段の下りで420Kg、ランニング時で600Kgです。

体重が10Kg増えると、平常時で30Kg、階段の下りで70Kg、ランニング時で100Kg負担が増えることになります。

このように負担がかかり続けると脚の筋肉が疲労してきます。すると、筋肉が骨を支えられずに骨格のねじれによりO脚になってしまいます

O脚やX脚

 

O脚は進行すると、膝の内側にかかる負担が増え痛みも増大します。O脚の進行は、膝に偏って体重の負担がかかるため、関節軟骨(特に膝の内側)がすり減る事が考えられます。

身体のお悩み解決先生リカさん
つまり、膝にかかる体重を上手く支えられていないのよ

 

3.膝に痛みある人がするダイエットの注意点

太ると膝にかかる負担がより大きくなることはお分かり頂けたと思います。そこで、膝にかかる負担を減らす為に体重を減らす事を考えるのは当然と言えます。

美人OLの長野さん
つまり、ダイエットですね

しかし、膝に痛みがあるとなかなか運動をしづらいものです。だからといって、何もしないとますます膝に負荷がかかってしまうという悪循環に陥ります。

そこで膝に痛みのある人がダイエットをする時のポイントを紹介します。

3-1.食事によるダイエットの注意点

炭水化物抜きは代謝が悪くなる

炭水化物、つまりご飯や麺類を減らすことで効率よく食事制限をすることが可能です。しかし、炭水化物は主要なエネルギー源です。炭水化物を減らすことで、エネルギーが不足することになります。

太るからと言って、炭水化物をまったく摂らないと次のようなデメリットがあります。

  • 肝臓の機能が低下する
  • 疲れやすくなる
  • 眠たくなる
  • 集中力が低下する
  • 美容に悪影響が出る
  • 太りやすくなる
美人OLの長野さん
炭水化物を減らすと太りやすくなるなんて・・・

バランスのいい食事を心がける

極端な食事制限は、ダイエットの天敵です。栄養の偏り生じやすいため、膝の各組織にも栄養が行き届かない危険性があります。

また、筋肉も衰えてしまうため、膝の痛みを緩和させるはずがかえって、痛みを増す結果を招きかねません。

何事も、極端はよくありませんね。栄養のバランス考えた、規則正しい食事を心掛けてください。

「早食い」「ながら食い」を避ける

食事をするとき、ついつい食べ過ぎてしまう人の特徴に「早食い」「ながら食い」があります。

「早食い」とは、その名の通り、食べるスピードの速い食べ方です。食事で満腹感を得るためには、血糖値が上がり、満腹中枢が刺激されなければなりません。そのために必要な時間は15分。食べるスピードが早いほど、満腹になるまでの食べる量が増えてしまいます。

「ながら食い」は、テレビを見たり、仕事をしたりしながら食事をすることです。もちろん、よくありません。理由は、食べたという満足感が得られにくいからです。結果、食事量が増えることになってしまいます。

 

3-2.運動によるダイエットの注意点

膝が痛い場合、まったく運動がダメなのかといえばそんなことはありません。基本は「食事」によるダイエットがメインですが、「膝への負担が少ない運動」でダイエットをすることはできます。

水中ウォーキング

水中は陸上と比べると膝にかかる負担が70%以上削減されます。そのため、膝に負荷をかけずに運動するダイエットにはとても向いています。そんな水中でできる運動でおすすめなのが「水中ウォーキング」です。

水中ウォーキングは、水の抵抗により陸上を歩くより力が必要になります。その分、消費カロリーが増えます。陸上の約2倍、カロリーを消費します。

ポイントは

  • 胸までつかる
  • ゆっくり
  • 30分程度でやめる

です。

身体のお悩み解決先生リカさん
過ぎたるは猶及ばざるが如し

エアロバイク

エアロバイクも膝に痛みがある場合の運動に向いています。自転車のサドルに座って、ペダルをこぐため膝への負担も少なめです。

ただし、無理をしてたくさんこぐ必要はありません。かえって、膝の痛みを悪化させてしまいます。

運動時間は30分程度が目安です。

 

4.まとめ

膝への負担は、次のようなものです

  • 歩行時 3倍
  • 階段の下り 7倍
  • ランニング 10倍

さらに、体を動かすたびに膝を使うため、膝に痛みがあると生活がかなり不便に感じられます。

「太る」「肥満」は、膝に対する負荷を増大させる大きな要因になります。そのため、膝に痛みがある場合は、体重を減らすことで痛みの軽減を期待できます。

体重を減らす(ダイエット)場合は、膝に負担のない水中ウォーキングやエアロバイクなどで運動をして、バランスの良い食事を心がけてください。

 

 

なんか身体がダルい佐伯さん
長野さん、今度は焼肉食べ放題に行きませんか!!

 

The following two tabs change content below.
阿部 英雄
鍼灸マッサージ師の国家資格とスポーツトレーナー資格を有する私が、医学博士・薬学博士にも支持されるスポーツ整体の治療院を行なっております。体の悩み解決やセルフケアなど役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。  
ホームページはこちら⇒『英気整体院』

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください









ABOUTこの記事をかいた人

阿部 英雄

鍼灸マッサージ師の国家資格とスポーツトレーナー資格を有する私が、医学博士・薬学博士にも支持されるスポーツ整体の治療院を行なっております。体の悩み解決やセルフケアなど役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。  
ホームページはこちら⇒『英気整体院』