ダイエットは不妊症の原因に!?過度なダイエットが不妊症につながる理由とは

eyechatch

美しい体型を手に入れたいと考えている女性は多く、ダイエットに励む人はたくさんいます。

しかし、ダイエットをやりすぎてしまいますと、不妊症になってしまうリスクが生じます

そこで今回はダイエットと不妊症の関係について詳しくお話をしていきます。

 

ダイエットが原因で不妊症になるの?

girl

結論から言うと不妊症になる可能性があります

過度なダイエットを行い、痩せすぎてしまいますと不妊のリスクが生じます。痩せすぎている女性は、早産になってしまう危険性もありますので、過度なダイエットはやはり妊娠をしたい女性にとってはあまり良い事とは言えません。

では、ダイエットをするとどうして不妊症になる可能性が高くなるのか、をお話しします。

なぜダイエットをすると不妊症になるのか

激しいダイエットは、ホルモンバランスを崩す原因となり、子宮や卵子にダメージを与えてしまう可能性があります。

激しいダイエットによって、体重が急激に落ちてしまいますと、体内が危険を察知し、心臓などの重要な臓器を守ろうとする動きをします。結果的に、命を維持するために重要視されていない子宮や卵巣部分からダメージを受けてしまいます

ダイエットをすることによって、美しい見た目を手に入れることができるのですが、体の中は悲鳴をあげていますので、無理なダイエットは控えることが大切です。

 

激しい運動は不妊症の原因になる

sport

自分の見た目を美しくしようと、ダイエットをする女性はたくさんいます。細ければ細いほど美しいというイメージを持つ人も多く、ダイエットの際に、激しい運動を取り入れるようになる人もいます。

激しい運動をすると、体内に存在する酵素成分をたくさん消費してしまいます。酵素成分を大量に消費してしまいますと、卵子や子宮にダメージを与えてしまい、老化を促す活性酸素が増加する原因になってしまいます。

激しい運動は、体に与える負担が大きく、ホルモンを分泌する脳下垂体などが正常に働くことを阻害してしまいます。

ホルモンを分泌する脳下垂体が正常に動かなければ、ホルモンバランスが崩れてしまい、無月経などの症状が出てしまう危険性があります。

ですので、激しい運動は妊娠をしたい女性は控えた方がいいと考えられています。

 

食事制限と不妊症の関係とは

salad

ダイエットをする際に、できるだけカロリーの高い食事を避けたいと考える人はたくさんいます。しかしながら、間違った知識を元に過度な食事制限をしてしまいますと、不妊になりやすくなってしまいます

食事を制限してしまうと、体内では飢餓状態にあると判断し、生命維持を優先することになります。その結果、生命維持に必要無いと判断された、器官の働きを抑えようとして、ホルモンが分泌しにくくなってしまいます。

ホルモンバランスが乱れてしまうことによって、生理周期がおかしくなってしまい、生理不順の原因になってしまいます。

過度な食事制限は、卵巣機能を低下させてしまう危険性があり、不妊の原因となりますので、不妊になりたくない人は、無理な食事制限を控えることが大切です。

標準体重を正しく理解しよう

標準体重は、身長や年齢、体型などのデータを元に計算されるものです。

不妊などの病気になってしまわないように、健康的な生活を送るために必要な理想の体重を意味する言葉として、使われています。標準体重は、BMIで計算することが一般的です。BMIとは、体重と身長から出される独特の計算方式によって、出される肥満の基準です。

BMIの計算式

BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

例えば、体重が50㎏、身長が158㎝の女性であれば

BMI=50÷(1.58×1.58)=20.02

となります。

BMIの評価について

BMIの日本での標準基準は以下の表のとおりです。

BMI 判定
18.5未満 低体重
18.5~25未満 普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

ですので先ほどの例の20.02は標準体重だという事がわかります。

標準体重よりも体重が軽い、痩せすぎの人は病気になってしまうリスクが高くなっていますので、気をつけなければいけません。痩せすぎている人は、抵抗力が低下しており、場合によっては死に至ることもある脳内出血を引き起こしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

健康的に痩せたい人が行うべきダイエット

過度なダイエットは、不妊症などの病気を発症させるリスクがありますので、健康的に痩せることができるような、理想のダイエットを実行する必要があります。

健康的なダイエットとは、無理な食事制限や激しい運動をしないで、体重を少しずつ落としていくダイエットです。健康的なダイエットをするためには、自分の生活に合ったダイエットを考える必要があります。

仕事などで動くことが多い人の場合、運動に重点を置くのでは無く、ストレッチや食事の際に摂取するカロリー計算を見直すなどの行動が効果的です。反対に、普段運動をすることが少ない人の場合は、ウォーキングなどの運動をすることが効果的です。

ダイエットをするためには、自分の食生活を見直すことが重要なのですが、過度な食事制限は、体の燃費が悪くなってしまい、食事の量を減らしたとしても、太る可能性があります。

健康的なダイエットをするための食事とは

バランスの良い食事。これが一番です。

以下がバランスの良い食事の目安です。『手ばかり(手ではかる)』を目安にすると分かりやすいです。

■ご飯(炭水化物)
⇒1食の目安は、卵を軽く握ったときのこぶし1個分の量です。

■魚・肉・卵・豆腐(タンパク質)
⇒1食の目安は、掌の指を除いた手のひら1枚分の大きさ・厚さ。

■野菜・海草・きのこ
⇒1食の目安は、加熱前で両手に山盛りに乗る量。
⇒惣菜であれば、加熱されて量が減っているので「片手に山盛り」を目安に。

■油脂
⇒目安として、1食の中で油を使った料理は1品。

■乳・乳製品
⇒1日1品。

■糖類の多い野菜
⇒じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・れんこん等、糖質を多く含む野菜は、1日あたりぎゅっと片手をグーに握ったときのこぶし1個分。

■果物
⇒これも1日に片手をグーに握ったときのこぶし1個分。

 

食事をする際に気を付けたい「食べる順番」

食事をする際、ご飯から食べてしまう人が多いのですが、ご飯を先に食べてしまいますと、血糖値が上昇する原因になってしまいます。

血糖値が高まると、体内の脂肪を増やしてしまう危険性がありますので、食事の時は、食物繊維を多く含んでいる野菜から食べることが大切です。

 

まとめ

ダイエットをやりすぎてしまいますと、不妊の原因になってしまいます。

過度な食事制限や激しい運動は、ホルモンバランスを崩してしまう危険性があります。また、体内が危険を察知し、妊娠に必要なホルモンの分泌を抑えてしまう危険性があるため、無理なダイエットは自分を苦しめてしまいます。

不妊を予防するためにも、バランスの良い食事や、適度な運動を取り入れながら、健康的なダイエットを始めることが大切ですね。

The following two tabs change content below.
オレンジ

オレンジ

自由気ままに在宅ライターしてます!趣味は映画観賞で、ドキュメンタリーやサスペンス、SFなどのジャンルが好きです。

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください