その足の痛みやしびれ、椎間板ヘルニアが原因かも?症状が起こる仕組みをイチから解説!

椎間板ヘルニアで足に痛みが起こる仕組み

さいきん足に痛み、しびれが走るのが気になって、周りに相談してみると「椎間板ヘルニアじゃない?」との返答。もしくは医師の診察を受けて「腰のヘルニアが原因です」との診断結果。

『ヘルニアって‥。あの腰痛の人がなるやつ?なんで足に症状が出るんだろう?』って思いますよね。

この記事では、椎間板ヘルニア』によって足の痛み、しびれがなぜ起こるのか?何に気をつければ良いのか?を分かりやすく解説しています!

そもそも椎間板ヘルニアとは?をちょっと解説

人間の背骨(脊椎 せきつい)を作っているのは、タテに積み重なったブロックのような、椎骨という骨たち。この中に神経が通っています。

椎骨が積み重なって、背骨(脊椎)を作っています

椎骨が積み重なって、背骨(脊椎)を作っています

 

椎骨の間には椎間板という軟骨の一種が挟まっていて、身体を動かしたときの衝撃を吸収するクッションになる、大切な役割を持っているんですね。

椎間板のイメージ

椎間板のイメージ

この椎間板に無理な負荷がかかったりすると潰れて飛び出してしまいます。するとすぐそばを通っている神経を圧迫、炎症を起こして傷んでしまう‥。それが椎間板ヘルニア。

さらに、二足歩行する人間はどうしても腰部分に1番負担がかかるので、首〜腰までそれぞれある椎間板のなかでは腰にヘルニアが起きやすいんです。

さらに詳しくは、こちらもぜひ→子供でもわかる『椎間板ヘルニアとは何なのか?』仕組みから症状、原因を徹底解説!

足の痛みの原因は『坐骨神経痛』

そしてこの椎間板ヘルニアが、どこの神経にダメージを与えてしまうか?によってさまざまな症状が引き起こされるんですが、代表的な症状のひとつが、ふとももやふくらはぎ、つま先なんかの下半身『足』に現れる痛み、もしくはしびれなんです。

この症状の名前を『坐骨神経痛』といいます。あ、聞いたことある!というかたも多いでしょう。これから、坐骨神経痛とは?なぜヘルニアでこの症状が起こるのか?を解説していきます。

 

坐骨神経痛とは?

まずは、坐骨神経っていったいどこなの?

坐骨神経とは腰から始まってお尻、太ももからふくらはぎ、すねを通り、足先まで伸びる長〜い神経の束。

腰部分の左右4箇所ずつから始まり、1束にまとまったり枝分かれしながら伸びていきますが、1束になるお尻の箇所では小指くらいの太さになります。じつは体の中でもっとも太い神経なんですね。

坐骨神経

そして、痛みやしびれなどの症状が出るのは、まさにこの坐骨神経が走っている部分なんです。

腰部の椎間板にヘルニアが起きて、そばを通る坐骨神経がダメージを受けるからその先の足腰に症状が起きる。という仕組みになってるんですね。詳しくはこんな感じ。

仙骨

 

坐骨神経ってここからスタートしています。この腰部分の椎骨(L4、L5っていうところ)。そして仙骨というおしり上部の平らな骨(S1、S2)の4カ所から、下半身に向かって伸び始めている神経なんです。

そして、椎間板ヘルニアがもっとも起きやすい部位もここ(ヘルニア患者全体の90パーセント!)具体的にはL4・5と、L5・S1のあいだの椎間板です。この2カ所に人間はもっとも負荷がかかるため、椎間板が潰れやすいんですね。

“坐骨神経痛はヘルニアの代表的な症状”と言われますが、それはこういった理由だからなんです。

 

ヘルニアが原因で起こる、坐骨神経痛の特徴

じつは原因はヘルニアだけじゃない?

坐骨神経痛は、“なんらかの原因”で坐骨神経がダメージを受けて起きてしまう症状ですが、それは椎間板ヘルニアだけではありません。

筋肉がコリ固まったり、または神経を包んで保護するトンネル状の管が歪んだりで狭くなって、それらが神経を圧迫してしまう。こういった原因のケースもあるんです。

ちなみにそれぞれ『梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)』『脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)』と言います。坐骨神経痛の原因について、詳しくはこちらもどうぞ!→坐骨神経痛の事1から10まで教えます!主な症状と3つの原因【まとめ】

ヘルニアが原因のときは、どんな特徴が?

坐骨神経痛の原因が違えば、症状などにもそれぞれ少し違いが出てきます。ヘルニアが原因のときはどんな特徴が見られるのでしょうか?

前にかがむと、痛みが強く出る。

洗面台で顔を洗うときや、床に置かれた荷物を持ち上げるとき‥。“前かがみ”は、日常生活でも取ることが多い体勢ですね。
このかがんだときに、足腰にビーン!と痛みやしびれが強く出る。というのは、ヘルニアが原因で起こる坐骨神経痛の1番の特徴です。これはなぜなんでしょう?

ヘルニアの人が前かがみになったとき、身体ではこんなことが起きています

椎間板が飛び出してしまう方向は、多くが背中側です。そしてちょうど背中側、飛び出した先を神経が走っているため椎間板が当たり圧迫、炎症を起こして損傷させてしまう。これがヘルニアです。

椎間板2修正

この人が、床に置かれた荷物を持ち上げようとしたときの腰の状態を見てみましょう‥。

かがむ

いかがでしょう?前かがみになることで、よけいに椎間板が背中側に押し出されて神経に深く食い込んでしまいます。

ですからヘルニア型の坐骨神経痛の人は、前かがみの体勢はできる限り取らないこと!もしくは膝をいっしょに曲げることで、腰に負担をかけずにかがめるのでオススメです。

もちろん、背中を丸めてのデスクワークなどはNG。正しい姿勢が何より大切です。

ちなみに、はんたいに背中を反らす姿勢はラクにとれます。これが脊柱管狭窄症が原因のときはまったく逆で、背中を反らすと痛い。前かがみでは何ともない。という特徴の違いがあるんですね。

年齢によっても違う?

椎間板ヘルニアは、20〜30代の若い層に多いです。椎間板の老化は20歳から始まり水分や弾力が失われていくことで変形、飛び出しやすくなるためなんですね。しかしさらに年齢を重ねるとより硬くなることで、かえって飛び出しづらくなります。

これが脊柱管狭窄症となると、50代以上の年配者に多くなります。骨がもろくなったりで脊柱管が変形しやすくなることが原因なんですね。

もちろん原因を判断するには自分で勝手にでは無く、医師に診てもらうことが必須です。症状があらわれたら早めに整形外科にて診察を受けましょう。

 

どうにか症状を和らげたんだけど‥方法はある?

このしびれや痛みを和らげるのに、何か方法はないものか‥。もちろん痛み止めの薬物療法などで可能ですし、じっさい医療現場でもおこなわれています。“ブロック注射”なんてよく聞きますよね。痛み止めの麻酔薬を注入するものです。

しかし大切なのは根本的治療。ヘルニアによる坐骨神経痛なら、ヘルニアを治すことです。ヘルニアは、排泄障害などの重い症状が出てしまったときなどは手術が必要ですが、9割がたのヘルニアは手術なしの『保存療法』で治ると言われています。

まずはヘルニアを悪化させない正しい姿勢、生活習慣の実践や筋肉の強化をおこない、あわせて痛み止めなどで症状を抑えることで治癒を促します。

そう、痛み止めの薬物治療などは、根本治療に無関係なわけではありません。痛みがなくなると筋肉がリラックスして栄養分がよく行き渡り、自己治癒力を高める効果があります。

具体的にはどんなことに気をつければいいの?については、これらの記事も参考にしてみてください!

辛い坐骨神経痛でも楽な座り方の3つのポイントを写真を使って超分かりやすく解説!

知っていると困らない!坐骨神経痛の時に貼る湿布の選び方と貼り方4つのポイント

今日からできるヘルニア予防!正しい姿勢チェックの仕方から、効果的な運動法まで【画像解説付き】

食事で椎間板ヘルニア治療!NG例からオススメの食材、食べかたまで

【再発防止】ヘルニア根本治療のカギはリハビリ!治療現場での流れを徹底解説

辛い腰痛を今すぐ簡単に緩和するための5つの方法!【画像解説付き】(←冒頭で紹介している『マッケンジー法』がオススメです)

いっぱいリンク貼ってしまいましたね(笑)。気になるタイトルの記事があったらまずはそこから、ぜひ読んでみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?足腰の痛み、しびれといった座骨神経痛は、椎間板ヘルニアの代表的な症状です。

早めの受診、治療が大切ですが、この記事で得られた情報がより安心して治療に臨める手助けになれば幸いです!

The following two tabs change content below.
岩田 義昭
埼玉で整骨院やってます。腰痛・坐骨神経痛の整体をメインに外反母趾・巻き爪矯正にも力を入れてます。足のトラブルから腰の痛みまでトータルでやわらげてあげられるオールマイティな治療家を目指してます。
ホームページはこちら⇒『さいたま外反母趾矯正センター』

掲載記事は個人的な考え見解です。また事例や体験談も個人の感想によるものでいずれも万人への効果、変化を保証するものでないことご理解ください。

取り扱い時は医師または専門医にご相談するなどして各自でご判断ください